京大変人講座

総合評価

0.0


著者: 酒井敏 小木曽哲 山内裕 那須耕介 川上浩司

常識を飛び越えると、何かが見えてくる。京大の「常識」は世間の「非常識」。まじめに考えると、人間も生物も地球も、どこかおかしい。だから、楽しい。


ページ数 269

出版日 2019-05

Amazonで詳細を見る

件のメモ


Analytics

メモ数分布

おすすめ度 価格 わかりやすさ 信頼度 おもしろさ

評価平均


この本に関連するメディア


関連書籍

隷属なき道
アート/カルチャー
隷属なき道

オランダの29歳の新星ブレグマンが、「デ・コレスポンデント」という...

武器になる哲学
アート/カルチャー
武器になる哲学

コンサルの修羅場で、一番役立ったのは哲学だった――。