功利主義入門

総合評価

0.0


著者: 児玉聡

倫理学とは「倫理について批判的に考える」学問である。すなわち、よりよく生きるために、社会の常識やルールをきちんと考えなおすための技術である。本書では、「功利主義」という理論についてよく考えることで、倫理学を学ぶことの意義と、その使い方を示す。「ルールはどこまで尊重すべきか」や「公共性と自由のあり方」という問いから「幸福とは何か」「理...


ページ数 221

出版日 2012-07

Amazonで詳細を見る

件のメモ


Analytics

メモ数分布

おすすめ度 価格 わかりやすさ 信頼度 おもしろさ

評価平均


この本に関連するメディア


関連書籍

教育という病
アカデミック
教育という病

私たちが「善きもの」と信じている「教育」は本当に安心・安全なのだろ...

人種とスポーツ
アカデミック
人種とスポーツ

オリンピックの陸上男子100m決勝で、スタートラインに立った選手5...