世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

総合評価

★★

2.8


著者: 山口周

経営における「アート」と「サイエンス」


ページ数 257

出版日 2017-07

Amazonで詳細を見る

1件のメモ

2019/10/08

おすすめ度

★★★ ★★

価格

★★★ ★★

わかりやすさ

★★★ ★★

信頼性

★★ ★★★

おもしろさ

★★★ ★★

110416


良い点

悪い点

要点メモ

・複雑で不確実性の多い今の資本主義社会では官僚制のように効率性だけを追求しても生き残れない。
・「美意識」を鍛えるのは「直感」を鍛えることである。
・鍛えられた直感は「正しい」意思決定をするための指針となる。

twitterでメモをシェア

メモを登録するにはログインしてください

Analytics

メモ数分布

おすすめ度 価格 わかりやすさ 信頼度 おもしろさ

評価平均


この本に関連するメディア


関連書籍

隷属なき道
アート/カルチャー
隷属なき道

オランダの29歳の新星ブレグマンが、「デ・コレスポンデント」という...