教育という病

総合評価

★★★★★

5.0


著者: 内田良

私たちが「善きもの」と信じている「教育」は本当に安心・安全なのだろうか?学校教育の問題は、「善さ」を追い求めることによって、その裏側に潜むリスクが忘れられてしまうこと、そのリスクを乗り越えたことを必要以上に「すばらしい」ことと捉えてしまうことによって起きている!巨大化する組体操、家族幻想を抱いたままの2分の1成人式、教員の過重な負担...


ページ数 258

出版日 2015-06-20

Amazonで詳細を見る

1件のメモ

2019/10/22

おすすめ度

★★★★★

価格

★★★★★

わかりやすさ

★★★★★

信頼性

★★★★★

おもしろさ

★★★★★

ナマズ


良い点

エビデンスベースで科学的に学校問題を取り上げて論評している。

悪い点

特にない

要点メモ

基本的にエビデンスベースで、学校現場における様々な「リスク」のある事象(問題点)について述べている本

主な論点は
・部活動
・1/2(にぶんのいち)成人式
・組体操
・柔道事故

twitterでメモをシェア

メモを登録するにはログインしてください

Analytics

メモ数分布

おすすめ度 価格 わかりやすさ 信頼度 おもしろさ

評価平均


この本に関連するメディア


関連書籍

グロリアーナの祝祭
アカデミック
グロリアーナの祝祭

エリザベス朝文学におけるエリザベス一世の文学的表象を分析し、文学と...

具体と抽象
アカデミック
具体と抽象

永遠にかみ合わない議論、ヘイトスピーチ、ネットでの炎上。その根底に...

ファスト&スロー
アカデミック
ファスト&スロー

伝統的な人間観を根底から覆し心理学者にして、ノーベル経済学賞に輝い...