ファスト&スロー

総合評価

★★

2.6


著者: ダニエル・カーネマン

伝統的な人間観を根底から覆し心理学者にして、ノーベル経済学賞に輝いた著者の代表作。待望の邦訳。私たちは日々、無数の意思決定をなかば自動的に行なっている。カーネマンは、直感的、感情的な「速い思考(システム1)」と意識的、論理的な「遅い思考(システム2)」の比喩をたくみに使いながら、意思決定の仕組みを解き明かし、私たちの判断がいかに錯覚...


ページ数 370

出版日 2012-11

Amazonで詳細を見る

1件のメモ

2020/03/20

おすすめ度

★★★ ★★

価格

★★★ ★★

わかりやすさ

★★ ★★★

信頼性

★★★ ★★

おもしろさ

★★ ★★★

ゆゆゆ


良い点

章末の会話文を見返すだけで復讐できる。

悪い点

とにかく長い。あと読みづらい。納得できない部分もちょこちょこ出てきます。

要点メモ

人の意思決定の仕方、脳の系統だった間違い方について。
冗長でユーモアに欠けるが、言いたいことは一貫しているので頭には入ってくる。

twitterでメモをシェア

メモを登録するにはログインしてください

Analytics

メモ数分布

おすすめ度 価格 わかりやすさ 信頼度 おもしろさ

評価平均


この本に関連するメディア


関連書籍

恋愛の誕生
アカデミック
恋愛の誕生

「恋をすると綺麗になる」を発明した時代

「ココロ」の経済学
アカデミック
「ココロ」の経済学

世界は愚か者であふれている。なぜ私たちは不合理な行動をつづけるのか...