明日の幸せを科学する

総合評価

★★★★

4.2


著者: ダニエル・ギルバート

どうすれば幸せになれるのか、自分がいちばんよくわかっているはず―。と思いきや、がんばって就職活動したのに仕事を辞めたくなったり、生涯の伴侶に選んだ人が嫌いになったり。なぜ私たちは未来の自分の幸せを正確に予測できないのだろう?その背景にある脳の錯覚や妄想について、ハーバード大学の人気教授が心理学や行動経済学、脳科学を駆使して楽しく解き...


ページ数 370

出版日 2013-12

Amazonで詳細を見る

1件のメモ

2020/03/06

おすすめ度

★★★★

価格

★★★★★

わかりやすさ

★★★★

信頼性

★★★ ★★

おもしろさ

★★★★★

ゆゆゆ


良い点

悪い点

要点メモ

脳っておもしろい!

twitterでメモをシェア

メモを登録するにはログインしてください

Analytics

メモ数分布

おすすめ度 価格 わかりやすさ 信頼度 おもしろさ

評価平均


この本に関連するメディア


関連書籍

グロリアーナの祝祭
アカデミック
グロリアーナの祝祭

エリザベス朝文学におけるエリザベス一世の文学的表象を分析し、文学と...

予想どおりに不合理
アカデミック
予想どおりに不合理

「現金は盗まないが鉛筆なら平気で失敬する」「頼まれごとならがんばる...

社会的選択理論
アカデミック
社会的選択理論

政治学や経済学、哲学・倫理学の中に、アローの定理にはじまる社会的選...