科学と非科学

総合評価

0.0


著者: 中屋敷均

何が「真実」で「異端」なのか。分子生物学者が科学の可能性と限界を見つめ、私たちが生きる意味をも捉えなおしたサイエンスエッセイ


ページ数 186

出版日 2019-02

Amazonで詳細を見る

件のメモ


Analytics

メモ数分布

おすすめ度 価格 わかりやすさ 信頼度 おもしろさ

評価平均


この本に関連するメディア


関連書籍

隷属なき道
アート/カルチャー
隷属なき道

オランダの29歳の新星ブレグマンが、「デ・コレスポンデント」という...