なんでもわかるキリスト教大事典

総合評価

0.0


著者: 八木谷涼子

聖書理解も礼拝スタイルも、教派が変わればここまで違う!自他共に認める「キリスト教会オタク」の著者が、カトリック、プロテスタントから「異端」までを徹底分析。キリスト教文化圏の理解が深まること間違いなしの必読書。驚きの情報量でイラスト・索引・用語集も充実。


ページ数 482

出版日 2012-04

Amazonで詳細を見る

件のメモ


Analytics

メモ数分布

おすすめ度 価格 わかりやすさ 信頼度 おもしろさ

評価平均


この本に関連するメディア


関連書籍

絵を見る技術
アート/カルチャー
絵を見る技術

この絵の主役はどこ?バランスがいいってどういうこと?センスとロジッ...

武器になる哲学
アート/カルチャー
武器になる哲学

コンサルの修羅場で、一番役立ったのは哲学だった――。